研究基金支援
HOME>研究基金支援>支援課題紹介

韓国東レ科学技術研究基金

情熱的な新進科学者及び工学者を発掘し、潜在性の高い研究課題を支援し、
クリエイティブで差別化された研究活動に没入できる環境を造成して参ります。

受賞者紹介

  • 基礎分野
      ラジカル選好多孔性構造体の研究

      有機ラジカルは触媒、センサー、電気化学のエネルギー保存など様々な分野活用可能性が高いが、安定性が低くてラジカルを含む素材具現が難しく、一度消滅されると再導入のためには高いエネルギーが要求される。それで、パク教授はラジカル本来の安定化戦略で形成されたラジカルπ-stacksをビルディングブロックで活用し新しいラジカル選好多孔性構造体の合成法を提示する。

      ラジカル素材の電荷分離状態はゲスト分子(guest molecules)に対する吸着力を高め、光の照射無しで持続的なROS生成が可能な触媒として活用できる。本課題は世界的に先占されていない分野で、セルフアセンブリー有機ラジカル - 多孔性プラットフォーム開発に先導的な役割が期待される。
  • 基礎分野
      超塩基基盤の二官能有機触媒の設計と非対称反応での応用

      イ・ユンミ教授の課題は二官能キラル有機触媒を設計及び合成し、これを多様な非対称有機反応開発に応用することを目標とする。キラル性化合物の効率的な合成を可能とする非対称触媒反応開発は持続的な研究の必要性が台頭される課題で、優秀な反応性を持つ新しいキラル性触媒システムの構築は一つの反応ではなく、多数の高い選択性のある開発に繋がる。

      非対称添加反応及びフッ素化反応の生成物は有機合成、製薬、材料科学など幅広い分野で適用可能な高付加価値物質であり、有機フッ素化合物は現在開発されている新薬の最大20%を占めるほど注目を集めていて、今後新薬開発で中枢的な役割を果たすと期待されている。

  • 応用分野
      3.5V 電位を持つ水系リチウムイオン電池(LIB) 負極の開発

      炭素中立宣言以後、さらに重要性が増えた非水系LIBは頻繁な火災事故と高価という致命的な短所があったが、革新的で源泉的な電池の開発なしでは改善が不可能である。そこで、ビョン教授の研究課題はサイクル性能とエネルギーの密度が現在非水系LIBと似て安定的で単価の低い水系LIBを開発する目的があり、水系電解液と電極の界面を改質し、最終的に約3.5Vに達する電位窓をもつ水系LIBを開発しようとする。

      界面での電気化学反応及び電気二重層の構造に関する研究は現在未知の分野で、本研究課題の結果は低価で安全な水系LIBの商用化に寄与し、ESS市場の要求に合うことで学問及び応用研究の両方に影響を与えるものと予想される。

  • 応用分野
      分子スイッチの構造制御を利用した多進法(5進法以上) 有機論理インバーターの具現

      半導体工程の微細化が発熱により素子の安定性などの問題で限界にぶつかり、より少ない数の素子で同じ演算ができる多進法論理回路が代替材として浮上し、2進法インバーター数の約63%の素子で同じ演算ができる3進法インバーターの開発が注目されている。

      ジョン教授の研究課題は3進法インバーターに Diarylethene 分子スイッチを導入し、特定の波長の光源により各半導体の抵抗を調節し、5進法以上の演算が可能なインバーターの具現を目標とする。最低5進法以上の演算が可能なインバーターが開発されたら今までの半導体に必要だった素子の半分以下の数でも同様な演算だでき、半導体微細化の大きなチャレンジ課題であるコスト削減と電力効率性の極大化に画期的な解決策となる。