科学技術賞
HOME>科学技術賞>受賞者紹介

韓国東レ科学技術賞

韓国の化学及び材料に関わる研究や技術開発及び学問発展に多大に貢献した科学者及び工学者を選抜・褒賞することで、科学技術者としてのプライドとモチベーションを
高め、科学技術の発展に寄与して参ります。

受賞者紹介

  • 基礎分野
      趙敏行教授は光と物質の相互作用に関する理論及び実験的研究を通じて極超短分光学、コヒーレンス多次元分光学及び分子イメージング分野で世界的注目を集め、生体分子構造及び動力学を究明する分子化学分野で卓越した研究業績を残した。

      今まで研究してきた多次元分光学、量子もつれ現象を利用した量子分光学、光熱現象を利用した分子イメージング、コヒーレント散乱現象を利用したイメージングなどの研究成果はすでに世界的レベルをほこり、後続研究を先導している。

      最近、IBS分子分光学及び動力学研究団の活動ですごく小さな分子をリアルタイムで監察できる実験道具を新しく開発して、赤外線と可視光線を接目し細胞内部の特定化学物質らのイメージングが可能であることを証明した。また、ナノメートルサイズのたんぱく質分子ひとつの独立的な動きを捉えるコヒーレント散乱顕微鏡方法を開発することに成功した。

  • 応用分野
      朴壽永教授は有機電子材料及び光機能材料分野で電気伝導性、光物理及び光化学に対して基礎理論を正立し、分子設計を通じた合成を具現し、革新的光電子素材の開発について優れた研究業績を残した。

      特に、光電子的特性の発現に対する理論確立と新しい概念の物質を設計、合成し高性能素子具現に対する革新的研究成果で世界的注目を集め、分子性物質の個体状態の蛍光特性を向上できる独創的な理論 AIEE(Aggregation-Induced Enhanced Emission)及び固有物質を世界最初で発表し、関連分野での研究のレベルを向上した。

      また、分子物質間のエネルギー転移を完全に封鎖する方案と機能分子の設計方法、分子物質の超分子的結晶の結合と蛍光特性の制御原理を学会最初で発表し、光物理の化学的基礎理論及び応用に新しいパラダイムを提示した。